FC2ブログ
windowsからmacに乗り換えた(買い換えた)mac初心者によるOSの違いの比較や、良いところ(メリット)悪いところ(デメリット)の感想など
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2008年06月08日 (日) | 編集 |

macにexposeという機能がある。
どんな機能かと言うと、たくさんのアプリケーションを開いている時に、それらすべてを画面上に小さく表示する機能。

例えば、safariを5ウィンドウ、iTuneとiPhotoを一つずつ立ち上げている時、exposeをした時はこんな感じ。

expose


で、この状態から、どれかを選択してクリックすればそのアプリケーションが使える(普通のウインドウサイズに戻る)。

以前からのmacユーザにとってはこの機能は常識(らしい)、でも私のようなwindowsからの乗り換え組にとっては
「お!こりゃ便利!」にひひ
と思う代物。

windowsであれば、たくさのアプリケーションを開いているときは、画面下のツールバーにアプリケーションの名前が並んでいく。
でもmacのこのexposeは、開いているアプリケーションが視覚的に一覧で分かる。ここが便利。

ちなみにYouTubeなどで動画を再生中にexposeをすると、小さくなったウィンドウの中でちゃんと動画が再生され続けてる。
う~ん、芸が細かい目

私の場合、マウスの真ん中のボタンを押すとexposeになるように設定している。けっこう頻繁に使ってます。
あまりに普通に使うようになってしまったので、exposeについて、あえてブログに書く事をすっかり忘れていました。


ちなみにexposeは「エクスポーズ」ではなく「エクスポゼ」と読むらしい(最後のeは本当はeではなくてé。←携帯だと表示されないかも)。ずっとエクスポーズだと思ってました・・・(^_^;)



人気ブログランキングに参加しています

人気ブログバナー

にほんブログ村 PC家電ブログへ

くつろぐ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック